活性酵素が肌を錆びさせる

「肌がサビる」というせりふを聞いたことはありますか?メタルや鉄と同じように、当方人間の肌も、ゆったりサビて行く品物なのです。今回はそのサビの原因となる「活性酵素」について解説していきましょう。

「肌がサビる」とは?

人体がサビる、肌がサビるといっても、何やら空想しにくいのではないでしょうか。そもそも、何でサビという症状が生ずるかといえば、情景時の酸素と響く結果、もとの鉄やメタルとちがったトレンドのものができるからです。これは「酸化」と呼ばれ、メタルや鉄などは、こういう酸化が生じると、「サビ」として非常にわかりやすくしみしていくのが目線で確認できます。

当方も、日々無休呼吸をやり、酸素を体内に取り入れていることを忘れてはいけません。ですから、生きている以上、実はこういう酸化がつきまとうのです。人間の酸化は、かざりや10円玉がサビるように目線で確認することはできませんが、酸化した細胞は非常にもろくなる結果、それが、人間の人体にさまざまな悪影響を及ぼして仕舞うのです。

「活性酸素」とは?

しかし、実は酸素の中にも、酸化しやすい酸素と、酸化しにくい酸素というものがあるのです。酸素は基準、原子二つで引っ付き、あたかもペア1チームで安定しているのですが、これが不安定な状態になると、やっぱし他の物体とくっつこうとします。この状態の不安定な酸素は、「活性酸素」とよばれ、他の物体とこびり付くために、非常に凄い酸化力を持ちます。

酸化した細胞は傷つく結果、肌にも影響を及ぼします。メラニンをうまくつくれなかったり、肌に弾力をつくるコラーゲンをうまくつくれなかったり、肌のターンオーバーがうまくいかなくなったりなど、あらゆる道筋から肌に悪影響を与えてくる。ですから、肌サビというのは、肌の老化を促進させるだけでなく、思わぬトラブルに発生することもあるのです。
ホスピアップの効果はどうなのか検証しました